話下手だと悩む人へ。

話下手だと悩む人に、質問。

「自分は話下手で、誰かと食事していても何を話したらいいのか分からなくなるし一生懸命話をしても相手が楽しんでくれているように思えない」

そう悩んでいる方は、まず前回、「自分は話下手だ」と感じたシーンを思い出してみてください。
その時あなたは何を話しましたか?

次に、その時あなたと話をしていた相手の方を思い出してください。
その方が何を話して、どのエピソードが一番面白かったかを思い出せますか?

相手が出してきた話題や相手の表情を、自分が話した内容以上に鮮明に思い出せますか?

「話」は、誰もがそう上手くない。

「話下手」だと悩んでいる人と会話をしていると、大抵「自分の話ばかりしていて相手の話を聞いていない」ことに気付きます。
相手が話に加わってくることを想定しない喋り方をするので、相手はそもそも口を開くタイミングを測りにくいのですが、やっと話の隙間をみつけて「その映画なら私も見て・・・」などとエピソードを話そうと切り出しても、・・・せっかく、話が盛り上がるチャンスが訪れても・・・、自分のストーリーを盛り上げることに集中するあまり、相手の発言を遮りすらします。

人は基本、聞いてほしい生き物なんです。

だから、ネタなんてなくても相手の話をよーく聞いて楽しめば、相手も楽しいと感じるのです。

一方的に何かを語って、その内容や話術で人を楽しませられる人なんて本当に限られている。
芸人さんのように「楽しませる」ことが好きで、それを仕事にして四六時中ネタを考えている人ですら、話だけでは楽しませられないから脱いで騒いで危険な事もして、それでもすぐ飽きられて消えていく人が殆ど。

一市民に過ぎないあなたが、話術で相手を楽しませられないとしても当然のこと。

話下手さんの多くは「相手を楽しませようとしている」と相手を見ているようで、「自分の話は楽しいだろうか」に執着している。
つまり自分しか見えていないのです。

さらには、こういう人はいつも「楽しい話を提供しなきゃ」と緊張しています。
緊張は相手にも伝わりますので、相手は居心地が悪くなります。

元々、対人関係に苦手意識があって緊張が高い人が頑張って喋ろう喋ろうとするから一方的になる。すると当然の結果として会話は盛り下がる。
楽しませられなかったと落ち込んで、「もっと面白い話をしなきゃ駄目なのかな」と悩んでさらに話す事に没頭して一方通行度ばかりが増していく・・・。
そんな悪循環が走っちゃっているから難しいのですけれど。

話下手さんへの処方箋

一対一では緊張してぎこちなくなってしまう場合、3~4人位で会話する機会を積極的に持ちましょう。
可能ならあなたをあまり知らない人がいいです。あなたをよく知る人達だとあなたが「一方的に喋りまくる人」と認識してしまっているので。

「何か喋って楽しませなきゃ」という考えは捨てましょう。

相槌も下手だから苦手ですか?
大丈夫。相手の話を聞いて聞いて楽しもうと思えば、相手には伝わります。
ソツなく振る舞えなくても大丈夫。不器用だけれど一生懸命聞いてくれる人に好感を持つ人も少なくないですから。
会話上手さんは話を聞きながら自分の話題も程よく提供する「キャッチボール」が出来ますが、あなたは下手なのですから、まずは相手の玉を受け取る練習に徹しましょう。自分からは、相手から聞かれた時に、そう長くならない範囲で答えて、また聞く姿勢に戻りましょう。

「なぁんのネタも提供できなかったな」とモヤモヤしたとしても、一方的に喋っていたときよりも相手は楽しそうだし、話を聞いてくれたあなたへの好感度は、一方的に喋ってしまった時と比べて低くないという事実に気付くはずです。

LINEで送る
Pocket