[AC]単純な被害者でいることすら出来ない

恋人が、大きなトラブルに巻き込まれたことがあった。
電話でその事実を知った私が咄嗟に口にした言葉は。

「だからあんなに気を付けなって言ってたのに!」

幼い頃から、私がなにか失敗するたびに投げかけられ、私を傷つけてきた言葉だった。

しまった。

気付いた時は遅かった。
彼は心を固く閉ざした後だった。

確かに彼は無防備な行動を繰り返しており、彼がトラブルに巻き込まれる前から何度も、私は彼に「気を付けた方がいい」と助言していた。
「平気平気」と私の忠告を無視した結果がそのトラブルだった。

けれど現にトラブルが起こったその時に、私が咄嗟に取るべき行動は、・・・取りたかった、行動は、そして彼が取って欲しかった行動は、
彼の無事を確認し、傷ついた彼の心に寄り添うことだった。

「すぐあなたの家に行くよ。手伝えること、ある?」

私の申し出は、固く、固く、辞退された。
そりゃそうだ。トラブルに巻き込まれて傷ついている姿を見て日頃の態度を罵り、鬼の首を取ったかのように「自分の忠告の正しさ」を振りかざす女に傍にいて欲しいと思う男など、いない。

機能不全家庭の罪深さは、被害者が被害を通じて加害者としての行動パターンをスリ込まれてしまうところにもある。
自分がアダルトチャイルドだと気付かなければ、その言動を修正しなければ、無意識のうちに虐待や他人を傷つける行動パターンを連鎖させてしまうのだ。

LINEで送る
Pocket