絆、絆と連呼してくれるな

最近やっと落ち着いてはきましたが。
震災直後の「絆」の大合唱には本当に辟易していました。
もちろん助け合いそのものや、新たな絆を作るべく奔走した人達のことは心から尊敬します。

私が言いたいのは。

古今東西、災害があってもなくても
逆境に追いやられるのはいつだって、絆に恵まれなかった人達。

家族がいない者。
避難したくとも身を寄せる先を持たぬ者。

なにより、震災で肉親を・・・。絆を引き裂かれた人が大勢いたというのに

震災を美談に仕立てるために、
一番弱い立場・一番辛い立場の者達の気持ちを踏みにじる。

踏みにじりながら
「私達はいい事を言っておりますの」という偽善の仮面をかぶる。
そこに

貧困に陥った人達を、イジメにあっている人達を、汚いものを見る目で排除しておきながら
亡くなったと聞くなり「本当に困っていたなら声を上げればよかったのに」と眉をひそめてみせるのと同じ、偽善の臭いを感じるから。

LINEで送る
Pocket