タグ別アーカイブ: ワイパックス

ワイパックス断薬2か月目。朝、カーテンを開けている自分に気付きました

ご無沙汰しています。うつリンクの中の人、トキワです。
しばらくブログを放ったらかしてしまうと、再開しづらくなりますね・・・。
しばらくぶりに書くようなすごい記事を書かなきゃならないようなプレッシャーを感じるというか。
それでもユルユル進行でいきますので、それでいいという方はお付き合いくださいませ。

===
ツイッター(@utu_link)ではポツポツとつぶやいてきたのですが、二か月前に精神安定剤「ワイパックス」を断薬しました。
断薬の経緯や断薬後まもなくの症状はおいおいまとめようと思いますが、「まずはそれをまとめてから」とか言っているとまた更新する前に挫折してしまうので(苦笑)、さしあたっては以下のリンクあたりをご覧ください。

最近、朝起きるとカーテンを開ける生活をしている。
「それ、普通でしょ?」って思われそうだけど

10年以上、カーテンを閉め切った生活を続けてきた。
私は睡眠障害がひどく、睡眠リズムを整えるためにも朝日を浴びた方がいいと分かっていても、朝日など苦痛でしかなかった。
日差しを浴びるだけで体力を削られる気がしたし、頑張って浴びようとすると本当に寝込んだ。

ワイパックスを断薬して2か月経った今、朝日を浴びると普通にすがすがしい。
むしろ、カーテンを閉め切っておく意味の方が分からない。

今思えば、ワイパックスの副作用で視覚過敏状態になっていた可能性が高い。
今、カーテンまで新しく購入しようとしている。
ちゃんと、光が入る、レースのカーテン。
薄暗いカーテンでは、気分が滅入るから。

メンタル系の薬は、「好み」や行動まで変えてしまう・・・。

===

うつ病その他、闘病中の人の中には、以前の私と同様にカーテンを閉め切って暮らしている人も少なくないと思います。
ご家族や身近な人、あるいは当事者自身が「暗い気分をアピールしてるの?!」「こんな暗い所に閉じこもっているから鬱っぽくなるのよ」とイラっとしてしまうこともあるかもしれませんが、視覚が過敏になっていたり脳が光の情報を処理しきれないため、日差しが苦痛になっているという可能性も高いので、療養のためというのであれば、本人が快適と思う明るさで暮らしていくのがいいかもしれません。

私の場合は、3級遮光カーテンと、「カーテンくれない」というお店の「困った時はこれ一枚」 という、二重になったレースのカーテン(景色は全く見えず、「表面がレース調であるだけの、白いドレープカーテン」と思った方が近い感じです)を使っていました。

1級遮光や2級遮光ではあまりに暗すぎて、寝て覚めて、時計が4時をさしていても、それが朝の4時なのか夕方の4時なのかも分からない。3級遮光+レース、であれば、ぼんやり明るくなる程度なので闘病中の目にもやさしく、明るさの感じから時間が大体わかります。
また、「レース調の白いカーテン」は、日が照っている時でもまぶしすぎませんし、闘病中は時間に応じてこまめにカーテンを開け閉め出来ない人も多いと思いますが「気が付いたら日が暮れいてた」という状態でも、中は全く見えませんので安心してこのカーテンで過ごせます。(ただし、繰り返しますが中からも外は全く見えません。)

そんな風に、最適なカーテンを探すだけでも、すこしだけかもしれませんが、過ごしやすくなる方もいるかもしれません。

LINEで送る
Pocket