病弱モンの家選びは、ゴミ出し事情が案外重要だったりする。

うつ病を含め、病弱な人の部屋探しならではのチェックポイントのひとつ。

それは、ゴミ出し事情

現在借りている部屋は、集合住宅の敷地内にゴミコンテナがあって、住人は24時間、いつでもゴミ出しOKな物件。そして月々の管理費の中からお掃除の人が雇われ、コンテナ周りのお掃除もしてもらえます。

健康な人なら「手間が省けてラッキー」程度の話なのかもしれませんが、私はこれだけのことにどれだけ救われているか分かりません。

以前住んでいたアパートは、敷地内に独自のゴミ置き場が無いために、町内会のゴミ出し場に直接出すことになっていたのですが、そこのルールは

  • ゴミを出していいのは、朝の6時から回収時間の8時まで
  • 当番制のゴミ当番の家が、ゴミ収集後に周囲を掃き清めなければならない

だったからです。

・・・辛かった・・・。

当時私が住んでいたのは、団塊世代のサラリーマン世帯が子育てのために家を買って移り住んできて出来た、郊外の旧・新興住宅地。「一家に一人、専業(かそれに近い)主婦がいるのが普通」という土地柄。

ゴミ出し時間を守れない・守らないご家庭はほぼありませんでした。ゴミ当番も、よそのお宅は皆、収集車が去った途端にそそくさと出てきて掃除を始めている。

大変に民度が高い、素晴らしい土地柄、といえるのですが・・・。

私の場合は、睡眠障害ゆえに明け方やっとウトウトできかけている時に、あるいは気分が悪くて動けない時に、身体にムチ打って起き出してゴミを出しにいかなければならない。

ゴミ当番にしても、収集所を仕切っているお宅の方に「仕事をしているなら夜に掃除するのでも構わない」とは言われたのですが、寝込んでいたら夜でも無理だし、在宅しているのはご近所にはバレバレだろうし。かといって、新参者が「うつ病ですので当番は免除してもらえませんか」などとカミングアウトしたら、町自体に住めなくなるんじゃないかと思われるようは保守的な土地柄。結局、ゴミ当番がないという遠くの収集所に出しにいくことで当番自体は回避できたのですが、今度は遠くまでゴミを持っていくのが辛かった・・・。

特に生ゴミはこまめに出さないと大変なことになります。「前回出しそびれたし、今日もこの調子だと絶対に朝には出しにいけない」と思った日の深夜にそっと出してみたりこともあったのですが、罪悪感がハンパなく・・・。

生ゴミはゴミ出し出来る日まで冷凍する、などの対策もしてきましたが限界があり、結局、その地では自治体が自宅までゴミを引き取りにきてくれるサービスを利用するに至りました。(こういったサービスがあるかどうかは自治体によるのですが、今現在、ゴミ出しで苦労されている方は調べてみることをお勧めします。障害者手帳など持っていたら話が早いと思いますが、自治体が独自に調査します。見た目は健康だけど病弱、という人は医師の意見書などがあるといいかもしれません。)

自治体にサービスがあったので、めでたしめでたし、ともいえるのですが・・・なんだか手間を増やして申し訳ないのと、ご近所(郊外ならではの相互監視的な視線を感じる町でした。)に変に目をつけられないかとひやひやしたり、あまり居心地のいいものではありませんでした。

今は「普通の住人」として「普通にゴミ出し」出来るのが、ささやかながら幸せです。

 

余談:汚部屋はセルフネグレクトのせいではなく、専業主婦の無償労働を前提とした社会設計のせいなんじゃないかと思う

汚部屋」とかいって自室にゴミを溜め込んでいる人は、私のような病弱モン、片付けが苦手な特性を持った発達障害のほか、看護師など、激務やシフト勤務の方が多いと聞いたことがあります。

なにかというと「セルフネグレクト」だのと精神の問題として片付けられがちですが、私は単純にゴミ出しルールが厳しすぎて守れなかったことがきっかけだったという人が少なくないと推測しています。

たとえば、三交代制の看護師さんの勤務時間帯は、日勤が8:00~16:45、準夜勤が16:00~24:45、深夜勤が24:00~8:45だそうです(看護師求人サイトSUPER NURSEより)。深夜勤ならそもそもゴミ出し出来る時間に自宅にいられないし、準夜勤で深夜に帰宅した看護師も、睡眠を中断してゴミ出ししなきゃならないとか、何の罰ゲームだ?って感じですよね・・・。

そういう人達には、

また、老眼が進み理解力も衰えてきている高齢者などには分別自体が難しいということもあるでしょう。

時間を決めてその範囲でゴミ出しする。キチンと分別する。地域は住人皆で清潔にする。どれも文化的な素晴らしいルールです。

でも、ゴミ出しを含め、「一家にひとりは専業(かそれに近い)主婦がいる」時代、「主婦は無償で地域や家族を世話するのが当たり前」だった時代に出来た様々なルール。主婦のいない世帯、主婦はいても高齢である世帯が増えている現代にあっては「生活のしづらさ」「負担」に繋がっているかもね、という視点で見直すべき時期に、入ってきてるんじゃないかな、なんてことも、一病弱モンとして感じてみたりするわけです。

LINEで送る
Pocket

病弱モンの家選びは、ゴミ出し事情が案外重要だったりする。」への2件のフィードバック

  1. あさぎ

    記事とは関係ないのですが・・・。

    最近、私はやらなくてはいけない事がいろいろあるのに、なっかなかやる気になれなくています。
    今も「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」とは考えてはいるのですが、無気力に引きずられたままです。

    正直、同じ病気になるにしても、どうして死が必然的にやってくる病気にならなかったんだろうとか考えてしまって・・・。
    締め切り直前になると少し動けたりもするので、癌か何かで「あなたの寿命はここまで」って線引きされた方が、具合が悪くてももうちょっと何かできるような気もします・・・。
    実際にそういう病気になってみないと分かりませんが。

    ずっと中途半端な体調のまま、外見からは具合が悪いのさえ分からないまま、やる気も出ないまま、ずるずる生きているだけって辛いですね・・・。

    今日は愚痴愚痴ですw

    1. うつリンク管理人 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      奇遇なことに、実は私もほんの10日程前に、Twitterの方でこんなことを呟いていました。

      https://twitter.com/utu_link/status/1064545455130869767
      昔、部活で、周回を決めずに延々走らされるトレーニングが辛かった。
      「ラスト1周」と声がかかると、あと少しだからと頑張れる気がした。

      余命宣告はされたら辛いと思う。
      でも、闘病が、いつ終わるとも分からぬままに延々続くという状態も、負けず劣らず辛いんだよ。

      私はこの一か月は特に調子が悪く、短時間座っていることも困難で、週に1,2回病院か鍼灸院に通院する以外はヒキコモリ、さらに殆どの時間をネタキリという状況で過ごしています。・・・この数日、やーっと、短時間なら座っていられるようになったかなあ?

      とても人生を生きているとは言えない。けれど体調はこんなに滅茶苦茶なのに、何故か死にはしない。
      ・・・もしかしたら健康を奪われたまま、やりたい事も出来ず、友達からも社会からも忘れ去られたまま、50年だって生きてしまうかもしれない。

      ・・・耐え難いです・・・。

コメントは停止中です。