一筆箋や付箋を手紙の代わりに

うつ病になると、ちょっとしたことで長々とした文を書くのは辛くなることがあります。
最近はメールが主になったとはいえ、郵送のやり取りもあるし借りたものを返す時なども。業務連絡等で何かに添える一言を書くのも一苦労。

そういう時は上手く道具を使いましょう。
女性であれば可愛らしいポストイットや一筆箋を常備しておくと便利です。

用件や「よろしくお願いします」という一言を書いたら、それ以外はもう書く余白がないような大きさのものを選ぶのがポイントです。
鬱で思考力が落ちているときは、余白があると何か気が利いた一言を書き足さなければならないと、それだけのことで固まってしまってやるべきことを出来なくなってしまったりしますので。

こんな可愛いポストイットなら、ポストイット自体が十分に「メッセージ」になります。

遊び心がありつつ、少しだけ手紙に近いタイプ。

年配の方に使う時は一筆箋がいいかと思います。ポストイットよりは書く部分が多いですが、
宛名と自分の名前も書けば、あと言葉通り「一筆」何か書けば十分形になります。
上品なものを使えば略式ながら好感を与えることが出来るでしょう。

絵が入っていないものだと、二言位は書かないとさまにならない一方で、もっとシーンや相手を選びません。

「何を書くのも考えるのも辛いけれど、何も添えずに中身だけ送るのは無粋」
「ちょっと用件をお願いするのに、用件だけ書くのは角がたつ」
付箋や一筆箋は、そんなシーンを可愛くサポートしてくれます。

LINEで送る
Pocket