【カテゴリ】

単位が足りない夢を見る

うつ病を抱えながら働き始めて以降、繰り返し観るようになった夢がある。

===
夢の中で、学生時代に戻っている。
卒業を控えているのだけれど、休みがちなため、単位が足りるか分からない。私が知らない内に、必修科目を落としているかもしれない。
そういえば、履修科目や必要単位などを書いたお知らせも、受け取りそびれているんだった。

事務局に聞きに行かないといけない。けれど、行き方が分からない。
===

現実では、仕事を請け負っているけれど、しょっちゅう寝込む。〆切り前に、なんとか動ける状態の日がくるだろうか。〆切りを落とさずに済むだろうか。

そんな不安をいつもいつも抱えてきたから、それがこういう夢になって現れるのだと思う。

最近見た夢は、少し違った。

私は事務局にたどり着き、はっきりと告げられる。「卒業するための単位、足りてませんよ」。

事務局の人が見ていた私の履修履歴ページは、あちこちが未修を示す、真っ赤に塗られていた。

 

悲しいことに、現実もこれに近い。

職場に行きやすいよう、生活しやすいように引っ越したのは、完全に裏目に出た。

引っ越し疲れで、私の歯車がさらに狂ったようで、もう半年近くも、動けない。

新たに発症した喘息も日々日々襲う頭痛も苦しいが、身体が動かないなら、まだいい。横になりながらでも仕事が出来る。

思考がダウンして戻らない。

 

頑張っても頑張っても、失うものばかりが増えていって、仕事でも趣味でも人生の諸々でも、諦めるしかないことばかりが増えていって、今出来ることはもうほとんど残っていない。

何も出来ることがないまま、ただ横たわって息をしている。

それ、生きていると言えるのだろうか。

LINEで送る
Pocket

単位が足りない夢を見る」への2件のフィードバック

  1. あさぎ

    昔、書いたことがあったかもしれませんが、私は以前少し離れた市まで車を運転して行ったことがあったんです。
    行きと帰りが、それぞれ3時間くらいかかったと思います。
    出かけた先では一時間くらいしか滞在しなかったと思いますが、ものすごい無理をしてしまったらしく、それから二年ほどほぼ寝たきり。
    二年くらい経って、家から半日ほどでかけられた時は「こんなに長時間家から出られたのはものすごく久しぶり」と思ったのを覚えています。
    無理をすれば無理をしただけ、寝こむ日が長くなる・・・それを嫌というほど知らされたエピソードでした。

    トキワさんも引っ越し場所の下調べから始まって、不動産屋さんとのやり取り、そして引っ越しに伴う様々な処理・・・そういった無理がたたっているんではないでしょうか。

    だけど、きっと大丈夫。
    私も二年かかりましたが、病院と家の往復しかできない日々から脱出することができました。

    トキワさんが復活するまでどのくらいかかるかは、無理の度合いによって違うのでいつとは言えませんが、休んでいればいつかきっともう少し動ける日が来ると思います。
    思考のダウンもきっと治ります。
    人よりずっと回復に時間はかかりますが、回復しないということはないんです。
    どうか自分の回復力を信じてあげてください。

    ゆらりさんの漫画も全部読みましたが、ゆらりさんだって生きていらっしゃるんですものね。
    喘息や頭痛、今の苦しい状況が少しでも緩和されるよう祈っています。

    1. うつリンク管理人 投稿作成者

      そうですね・・・。
      ちょっとの無理、のつもりが大幅に体調を崩してしまうご経験、あさぎさんにもあるのですね。
      引っ越しは、心身共にストレスがかかったのは事実です。
      露骨な差別的扱いも受けましたし・・。

      頭痛も喘息も辛いのですが、思考力が低下しっ放しで何も出来ないのが、本当に辛いです。

コメントは停止中です。