【カテゴリ】

体験談:星状神経節ブロック注射を受けてみました

ひどい頭痛・眼痛と、微熱がダラダラと続いていたので、ペインクリニックで星状神経節ブロック注射を試してみています。
頭痛と眼痛が治まればいい、というのが第一の目標ながら、「星状神経節ブロックは自律神経の失調全般にも効く」という噂なのでその点で期待している面もあります。
この、自律神経に効くかについては「よく分からない」ようで、私が通っているクリニックの医師も「そういう福次効果もあるかもね」という程度で、あくまで頭痛の治療が名目というスタンスです。

私は、今の身体の痛さ苦しさが緩和されるなら、病名も治療の名目もなんでもいいです。

3軒回って、やっとまともに話を聞いてもらえるペインクリニックに行き当たりました。
ちょっと遠いので定期的な通院には不便なのですが、最初の2軒は型どおりの治療はしたがらず、根深い頭痛に加えてうつ病も発病中の厄介な患者は露骨に嫌がられましたから・・・。

他にも、もう何年も前に星状神経節ブロックでうつ病や自律神経失調の治療をしていると宣伝している病院に相談に行ったことがあったのですが、「抗鬱剤や安定剤を飲んでいる人は対象にしていない」と断られてしまった過去がありました。なので星状神経節ブロック自体が、抗鬱剤等との併用が駄目なのかと思っていたのですが・・・そんなことはありませんでした。
今思えば、私が訪ねたその病院は抗鬱剤などを飲む必要のない軽症の患者さんばかりを扱うことで治療成績を上げていたんだろうな・・・。
残念ながら、そういう病院も少なくないのが現実です。
(癌などでも同様で、高い治癒率を標ぼうしていても内実は重症の患者と見るや転院させまくっているだけ・・・という病院はあるようです。)

 

「星状神経節ブロックとはなんぞや?」という話からした方がいいのかもしれませんが
すみません、今日はそこまで気力が無いので、とりあえずな感じではありますが、二回打ってみた感じを備忘録程度にまとめておきます。

喉に針を打たれること、打たれている間は唾を飲んではいけないという注意点が不安はありましたが、
同日にされた採血の方が痛い位
麻酔を注入する際に、どちらかというと「重い」感覚があります。

打たれるとすぐに、打たれた側の瞼が重くなる感覚と、喉に違和感を感じました。
その後、30分横になって休み、ふらつきなどが無いことを確認して帰宅です。

まれに、注射の後、帰宅後・同日中位のタイミングで喉に血が溜まって呼吸困難になるような事もあるということで、緊急時の電話番号を書いたカードを渡されました。
声が出ない時、呼吸が出来ない時にどうやって電話するんだろう~。まあいいです。家族がいる人は家族に電話してもらうんでしょう。

打たれた直後は声が出たのですが休んでいる間に声が出なくなりました
声帯に、空気がひっかからない感じ。
星状神経節ブロック注射を2回打った範囲で一番困ったのが、この声帯周りに麻酔が効いてしまうことでした。
声が出ないのも不便ですし、咳払いや鼻をかむといった行為も上手く出来ないのが不安でした。
ちなみに、麻酔がかかっているだけで声帯を傷つけているわけではないので2時間程度で声は戻ります。声が出るようになるまでは飲食禁止です。

鏡を見せられたら、「瞼が重い感覚」というのは感覚だけの問題ではなく、注射を打たれた側の瞼が明らかに垂れ下がっており目は充血しており、起き上がれる・歩ける・声が出ない以外は動けるので帰ることに支障はないものの、そのまま街を歩くのはちょっとためらわれる外見に・・・。
・・・サングラス、買おうかな・・・。私の顔なんて、街行く人達は別に誰も見ないでしょうけどね。

注射後一時間ほどで睡魔が襲ってきました。気分が悪いという感じではないのですが、ひどく眠くけだるい感じ。
・・・ただし、私は常時睡眠障害で、時間を問わず睡魔が襲ってきたり眼が冴えていたりするので、どこまでが麻酔のせいかは分かりません。

感じた事・・・。

  • 「喉に注射」怖いです。声が出なくなるような、主観的には怖い副作用もあります。喉に注射を打つので、事故も皆無とは言えません。説明が丁寧で「信頼できる」と思える病院を探すのがいいと思います。
  • 医師の説明では「2時間で戻るから、激しい運動だけ避ければいい」とのことでしたが、私のように眠気が出る人もいるかもしれません(他の方の体験記でも眠気が出たという記述を見かけました)。慣れるまでは、当日は予定を入れない方がいいかもしれません。

そのまま3時間位眠ったら、その後3日程度の間・・・頭痛と微熱が緩和・・・された、かも、しれません。

一度でスッキリ治る治療法ではなく、しばらく通う必要があるそうです。
喉に針を打つという怖いイメージのある治療であるにも関わらず、シャキッと治るわけではない。
ここら辺が、星状神経節ブロック注射の賛否が分かれるところなのかもしれません。

この、星状神経節ブロック療法を広めようとした若杉文吉氏があまりにも「何にでも効く万能の治療法!」と書き過ぎたので却って懐疑論を招いた・・・という噂も聞いたことがあります。真偽のほどは分かりません。

私の頭痛は薬が殆ど効かないので、しばらく通ってみるつもりです。

いずれきちんとまとめたいとは思いつつ・・・。
私自身、この治療を受ける前は不安になって体験談を探したので、備忘録程度でもどなたかの参考になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

体験談:星状神経節ブロック注射を受けてみました」への2件のフィードバック

    1. うつリンク管理人 投稿作成者

      西洋医学は切って貼って数値化できる治療は得意ですが
      頭痛やだるさのような数値化出来ないものの治療や、治療中の苦痛に関しては医療関係者と患者で感じていることが違ったりしますよね。
      私もネット上の感想など参考にしていますので。。。
      お役に立てたなら幸いです。

コメントは停止中です。