抗うつ薬、精神安定剤、向精神薬の作用と副作用・離脱症状

まず、これらの薬は作用も副作用も、その出方が非常に「人それぞれ」であることを強調しなければなりません。

「一生薬を飲むことは覚悟したわ」と苦笑いながらも、薬を調整することで社会復帰している人も知っています。
私は、効かなかった方の人です。社会復帰しているとは言い難い状況です。
もし効くのであれば、副作用位いくらでも我慢する。我慢するから・・・人生を取り戻したい。

同時に、これらの薬は副作用や離脱症状がひどく出ることがあります。
命に関わるような深刻な副作用もあるし、立ちくらみや激太りなど精神的に辛い副作用もあります。
薬が合いません、或いは症状が改善してきました、ということで減薬・断薬をすると「離脱作用」という症状が出る薬もあります。

あまり薬の怖さを書いてしまうと服薬すべき状況の人まで服薬を止めてしまうことを促したりしないかという危惧はあるのですが・・・。

最近では改善されたと信じたいですが、医師によってはそういう説明を全くしないでいきなり薬を出す人もいます。特に離脱作用については過小評価している医師も多い。
説明はあっても、説明以外の副作用が出れば、患者は「副作用なのか」「病気が悪化したのか」と不安になります。

私は(薬の名は忘れてしまったのですが)発病初期に処方された三輪系の抗うつ薬の副作用で丸一週間、言葉通り水以外何も口に出来なかった経験があります。「うつ病がこんなに悪化してしまった。ものも食べられない、目までよく見えなくなってきた。このまま死ぬのかな」と絶望的な気分でした。
一週間後にやっと「あ、これ副作用だ」と気付いて夜の服薬をやめたら、明け方に向けて急速に症状が引いていって、苦しい苦しいと転げまわっているしかなかったのが朝にはスタスタと歩いてクリニックに受診できたわけですが・・・。

なんでそんなひどい状況になって一週間も気付かなかったのかと問われれば、第一には私の「病状」がそれ位重かったというのがあります。でも第二には・・・そんな苦しい症状が、副作用がありうるかもなんて知らなかったのです。

私はうつ病まっただ中ですのでやはり色々苦しくて薬も飲んでいます。
憎んでいても別れられない腐れ縁の男みたいな関係です。

ただ最近は慎重になって、処方されると「ハイパー薬事典」などで作用副作用を調べ、またネットを漁って服薬経験者の報告を読み漁ります。この服薬経験者の体験談にはかなり助けられてきたので、私自身も経験者1人分の「率直な感想」をここに書き残していきたいと思います。

◆◆◆このカテゴリーの属する記事◆◆◆

LINEで送る
Pocket