ワイパックス断薬2か月目。朝、カーテンを開けている自分に気付きました

ご無沙汰しています。うつリンクの中の人、トキワです。
しばらくブログを放ったらかしてしまうと、再開しづらくなりますね・・・。
しばらくぶりに書くようなすごい記事を書かなきゃならないようなプレッシャーを感じるというか。
それでもユルユル進行でいきますので、それでいいという方はお付き合いくださいませ。

===
ツイッター(@utu_link)ではポツポツとつぶやいてきたのですが、二か月前に精神安定剤「ワイパックス」を断薬しました。
断薬の経緯や断薬後まもなくの症状はおいおいまとめようと思いますが、「まずはそれをまとめてから」とか言っているとまた更新する前に挫折してしまうので(苦笑)、さしあたっては以下のリンクあたりをご覧ください。

最近、朝起きるとカーテンを開ける生活をしている。
「それ、普通でしょ?」って思われそうだけど

10年以上、カーテンを閉め切った生活を続けてきた。
私は睡眠障害がひどく、睡眠リズムを整えるためにも朝日を浴びた方がいいと分かっていても、朝日など苦痛でしかなかった。
日差しを浴びるだけで体力を削られる気がしたし、頑張って浴びようとすると本当に寝込んだ。

ワイパックスを断薬して2か月経った今、朝日を浴びると普通にすがすがしい。
むしろ、カーテンを閉め切っておく意味の方が分からない。

今思えば、ワイパックスの副作用で視覚過敏状態になっていた可能性が高い。
今、カーテンまで新しく購入しようとしている。
ちゃんと、光が入る、レースのカーテン。
薄暗いカーテンでは、気分が滅入るから。

メンタル系の薬は、「好み」や行動まで変えてしまう・・・。

===

うつ病その他、闘病中の人の中には、以前の私と同様にカーテンを閉め切って暮らしている人も少なくないと思います。
ご家族や身近な人、あるいは当事者自身が「暗い気分をアピールしてるの?!」「こんな暗い所に閉じこもっているから鬱っぽくなるのよ」とイラっとしてしまうこともあるかもしれませんが、視覚が過敏になっていたり脳が光の情報を処理しきれないため、日差しが苦痛になっているという可能性も高いので、療養のためというのであれば、本人が快適と思う明るさで暮らしていくのがいいかもしれません。

私の場合は、3級遮光カーテンと、「カーテンくれない」というお店の「困った時はこれ一枚」 という、二重になったレースのカーテン(景色は全く見えず、「表面がレース調であるだけの、白いドレープカーテン」と思った方が近い感じです)を使っていました。

1級遮光や2級遮光ではあまりに暗すぎて、寝て覚めて、時計が4時をさしていても、それが朝の4時なのか夕方の4時なのかも分からない。3級遮光+レース、であれば、ぼんやり明るくなる程度なので闘病中の目にもやさしく、明るさの感じから時間が大体わかります。
また、「レース調の白いカーテン」は、日が照っている時でもまぶしすぎませんし、闘病中は時間に応じてこまめにカーテンを開け閉め出来ない人も多いと思いますが「気が付いたら日が暮れいてた」という状態でも、中は全く見えませんので安心してこのカーテンで過ごせます。(ただし、繰り返しますが中からも外は全く見えません。)

そんな風に、最適なカーテンを探すだけでも、すこしだけかもしれませんが、過ごしやすくなる方もいるかもしれません。

LINEで送る
Pocket

ワイパックス断薬2か月目。朝、カーテンを開けている自分に気付きました」への6件のフィードバック

  1. くんくん

    ときわさん、ご無沙汰していてすみません。薬を止めたことで体調がよくなられたとのこと、本当によかったですね。長年苦しまれてこられたのですから、これからお好きなことがたくさんできるようになることお祈りしています。私の方はまだすごい量の薬を飲んでいます。九大のときと同じ量で薬は減っていません。でも体調はよくなって家庭菜園ができるようになりました。それで無農薬で有機栽培の野菜を作り、そんな野菜を扱っているスーパーに時々卸しています。そのスーパーは、いつどんな野菜を持って行ってもいいという、病人の私にとってはとても有り難いシステムのスーパーです。体調の悪いときは何も出さなくても構いません。今日はスナップエンドウを30袋出荷しました。でも15キロも太ってしまってひざが痛くなり身なりも醜くなってしまっています。まだ両親がいてくれるので頑張れますが母がなくなったら生きていく自信がありません。家族にこれ以上迷惑をかけたくないので長生きしたいとは思いません。亡くなった方の訃報を聞くたび私が代わりになりたかったと思ってしまいます。やっと暖かい日々が続くようになりました。ときわさんもお身体くれぐれもお大事になさってくださいね。

  2. くんくん

    ときわさん、ごめんなさい。好きなことが、たくさんできるようになるには、まだまだ時間がかかるかと思います。くれぐれもご無理なさらないようにしてくださいね。私も遮光カーテンが開けられない日々を過ごしました。夜になっても電気の明かりが明るすぎて真っ暗にして過ごしていたこともあります。テレビはもちろんだめで、音もだめ、例えばレジ袋をたたむ、くしゃくしゃという音もしんどくなるような時期もありました。病歴も20年目、入院も7回しました。そのうち3回が保護室入院です。私の病名は今は双極性障害です。はじめは神経症、次にうつ病、そして躁うつ病です。不眠がひどく入院して3か月くらいほとんど眠れない日々を過ごしたこともあります。(そんな入院が2回ありました)今はおかげさまで家庭菜園ができるようになりました。パソコンも元気な時は、できるようになりましたので、追々私の病歴も語らせていただきたいと思います。33才で発病し今年で20年長い闘病生活に疲れ切っていますが、こんな私でも家庭菜園ができるまでになりましたので、病歴の長い方も望みを捨てないでください。

    1. うつリンク管理人 投稿作成者

      くんくんさん。コメントとご配慮を有り難うございます。

      残念ながらお察しのとおり、本人としては「改善」なのですが、「ネタキリの廃人だったのがヒキコモリになれた!」程度の話なので、やりたいことなんて全然です。
      もちろんで出来ることも多少は増えたのですが、一方で意識が朦朧とはしなくなった分「何も出来ない自分」という現実を突きつけられて辛い面もある感じです。
      ここ半月位もまた熱を噴いてネタキリに逆戻りですし・・・。

      私は断薬して確信したのですが、やはり抗うつ剤も安定剤も睡眠導入剤も、私の場合、ほとんど効いていませんでした。
      睡眠剤も、相当強いものまで飲んだのですが、眠れないから飲むのをやめただけです。
      副作用も辛いですが「具合は悪いのに薬で紛らわすこともできない」というのもまた辛いものです。
      くんくんさんは、「効いているから、やめられない」副作用より作用の方が大きいと感じている間は、やめる必要はないと思います。
      ましてや、家庭菜園!!水やりや虫取りなど、野菜は待ってくれないのに出来るようになっているのはすごいです。
      それにくんくんさんはきっと、丁寧に野菜を作られているんでしょうね。だからこそスーパーも受け入れてくれるのでしょう。素晴らしいことだと思いますよ。
      病気は本当に残酷ですよね・・・。

  3. くんくん

    ときわさん、ご連絡ありがとうございました。やはり体調がよくなったというのは引きこもり程度ということなのですね。それに意識がしっかりして余計につらいことが増えていらっしゃるとのこと・・・お辛いですね。私は不眠がひどく出るのでしっかり眠れたら翌日は元気に過ごせます。しかししっかり眠れなければ翌日は横になって過ごすことになります。(横になっていても眠れません)そんな不安定な体調なので約束ができません。本当ならパートにでも行きたいのですが、明日の体調がどうなるかわからない状態なので、仕事ができません。家庭菜園でしたらしんどいときは何もしなくても構いません。体調に合わせて作業をすることができます。今は母が料理をしてくれていますので有り難いと思っています。ときわさんに野菜やお魚、お肉などでおかずを作り、クール便で送って差し上げたいです。東京の妹の体調が悪いときは母がおかずを何種類か作って送ります。もう横になる時間になってしまいました。また投稿させていただきます。しんどいときは無理されないでくださいね。

  4. くんくん

    ときわさん、今日で平成が終わりますね。令和の時代にはうつなどに苦しむ方が少しでも良くなるようお祈りしています。私は平成元年に社会人になりました。7年に阪神大震災に遭い、11年から闘病生活に入りました。そして仕事を辞め、結婚、離婚、入退院7回など、平成は私にとっても激動の時代になりました。ときわさんも平成はつらい時代になってしまいましたね。しかしブログを立ち上げてくださり、精神的な病に苦しむ方がどれだけ救われたか・・・私もそのひとりです。感謝の気持ちでいっぱいです。ときわさんも令和の時代には少しでも体調がよくなられることお祈りしています。

    1. うつリンク管理人 投稿作成者

      お返事遅くなってすみません。
      平成が令和になってもやっぱり伏せりがちなトキワです。
      私達は日々色々なものを諦めて生きているので、体調が変動する時、良い方向でも悪い方向でも心がざわつきます。
      「諦めていたことを、諦めなくてよくなるかも!」と期待してしまって、「やっぱり諦めるしかなかった」と分かるのは辛いことです。
      また、「すでに諦めたものはもう戻ってこないのに」と嘆く考えも、不毛とは思ってもやはり浮かんできてしまいます。
      くんくんさんも、色々な希望と絶望の狭間で生きてこられたことと思います。

      即位の儀式は御覧になりましたか?
      ・・・雅子さまの報道が「辛い時期もあった、体調を崩された時もあったけれど乗り越えて・・・」
      という口調だったので・・・
      たった一日、儀式のために決死の思いで体調を整え、気を張って臨まれたけれどその後グッタリ、という状態だったかもしれないのに。そして今後また公務どころではない体調になられるかもしれないのに、「もう大丈夫!万歳!万歳!」みたいな報道をされて、それがプレッシャーになっていやしないかと心配してしまいました。
      私なんかが心配しても、どうにもならない世界の方なわけですが。

      くんくんさんが丹精込めた野菜、いつか食べてみたいなあ。
      日に当たるのは、健康にいいのは間違いないですよね。
      ブログとブログを通じての出会いには、私の方こそ救われました。
      今後もぜひ、お話しましょう。
      くんくんさんの体調も、安定することを祈っています。

コメントは停止中です。