医師はもっと太るという副作用を真剣に考えるべき

ドグマチールの副作用で検索してくる人が多い

このサイトはまだ新しくて、あまり検索順位も高くないのですが・・・
ドグマチールの副作用に関する検索で訪問する方がとても多いことに気付きました。

医師は男性が多いですから
「体調と太るのと、どっちが大事なの?」
「病気が本当に苦しいなら、太るくらいのこと、気にしている場合じゃないでしょ」
位の認識なのかもしれません。

人は社会的生き物で、日本は女性が太ることを軽視できない社会です

けれど、女性にとっては容姿はとても重要です。
私の場合も、正直に書けば肝機能等もっと深刻なはずの副作用よりも太ることの方が気になることもあります。

本人が美しくありたいと思う「好み」以前に、日本女性は容姿で判断されやすく、容姿に関する差別的な言動を受けることも日常的で、特に太った女性には「だらしない性格」という評価がつきまとうからです。
就職など能力が問われるはずの場ですら、今は「容姿端麗」と求人票に書ける時代でこそなくなったものの、容姿が左右していることは暗黙の了解です。

また、副作用で太るというのはあまり知られていないので
「病気って聞いてたけど丸々太っちゃって、元気じゃん」といった発言を、元気を喜ぶ、というよりは「元気なのに病気ということにして怠けているんじゃないの?」というニュアンスで浴びせられることもあります。
他のうつ病患者が、仲間内で「あの人あんなに太っちゃってどうしたの?」と笑われているのを聞いたこともあります。
うつ病の時は他人の言動に過敏になりやすいのに、この状況はこたえます。

 

私はうつ病で外出が困難なのと不眠があって・・・夜中はやる事ないですからね。
動画サービスなどで過去のアニメなど観て過ごすことも多いのですが(アニメは内容が軽くて単純なので鬱の時でも観やすいです)
子供向けのアニメでも特に少年漫画を原作としているものでは、ヒロインは決まって細身の美女だし、太った女性や美しくない女性平然とこきおろしているんですよね。当たり前のようにあざけっている。
成人男性向けのコアなアニメならともかく、子供の頃誰もが観たような有名なアニメでも、今になって見返すと「こんなにあからさまだったっけ?!」と驚くほどです。

大人になると女性本人の前であまりあからさまには発言しなくなるかもしれませんが、女性は「そういう空気」を日常的にビシビシ感じて生きているわけです。

私は元々あまりファッションには興味がなく「お洒落は我慢」なんて無理なタイプ、女性としては細身でもなければ(美容体重より健康体重に近い)体型にも大きなこだわりは無い方だったのですが、それでも20代にして急激に「肥満」という域にまでに太れば、ショックは大きかったです。
うつ病で何もかもままならなくなる中、「スポーツをしてきた健康的な体型」という自己イメージまで崩れていくのも辛かった。

情報と、納得が必要。絶対に、必要。

ネットでの検索が多いということは、こういった副作用について十分な説明がないままに処方されて不安を抱えている人が多いということだと思います。

だってさ。ドグマチールじゃなきゃ駄目な症状って、ないでしょ?
安定剤なんて他にもたくさんある。
あれこれ安定剤を試してきて「他は駄目、ドグマチールだけが効く」って状況なら、太る副作用があったって誰も文句言わないですよ。
他に選択肢もある状況でいきなりドグマチール出されてブクブク太り出したら、そりゃ納得いかないですよ。

私は今も、むくみと体重増加の副作用がある薬を飲んでいます。ひどい頭痛に悩まされてきたのでリリカという薬を飲んでいます。
ただ、主治医に作用と副作用をきちんと聞いて、他に選択肢は無いことも含めて納得して自主的に選んでいるので副作用は我慢しています。

メンタルの薬は副作用が強いものが多いですが、どんな薬にだって、副作用はある。それは仕方ない。
でも、副作用があるならあるなりに、ちゃんと患者の不安と向き合って、ちゃんと説明して処方する医者が、もっと増えて欲しいと切に願っています。

LINEで送る
Pocket