うつ病の「決断出来ない」は、素晴らしい決断をしようとして迷ってる訳ではない

うつ病の症状に「決断出来ない」というのがあります。
言葉面だけ捉えると「完璧主義な誰かさんが、『二番じやダメなんです』と素晴らしい決断にこだわるあまり決断出来ず、物事を引き延ばす」というイメージを持たれると思います。

現にうつ病者を目の前にしている方も、そのように感じるかもしれません。
そして「完璧な選択肢なんて無いよ。もっと適当に選びなさい」なんてアドバイスしたりします。

でも当事者の感覚は、健康な人の「決断出来ない」とはかなり違います。

頭にぼんやり靄がかかったようになって、思考や判断能力自体が落ちてしまう。

私は、うつ状態がひどい時に道を渡れなくなったことすらあります。

駅前の細い道。横断歩道はあるけれど信号はない。
車はわりと途切れなく通るけれど、横断者が多いと分かっているのでどの車も徐行している。
小さめの駅ではよくある普通の道です。

でもうつ病になると、こちらに走ってくる車が自分の所を通りかかるまでの時間と自分が道を渡り切るまでの時間を、みつもることすら、出来なくなることがあるのです。
そんな「判断」、判断している自覚すらないままに判断して渡っている人が多いのではないでしょうか?

車が見えていても、十分に距離があるから渡っちゃって平気だし。
・・・知ってます。

多少強引に渡っても、相手も駅前で徐行してるんだから避けてもらえるし。
・・・知ってます。

でも、出来ないんです。
私だって、いつもは普通に渡っています。

あの日の私は、傍目にはただぼんやり車を眺めているように見えたでしょう。
内心は途方に暮れて、車が一台も見えなくなるまで呆然と立ちすくんでいました。

これが、判断力が永遠に失われてしまって時間をかけても決断という決断が出来なくなっていたり、非常識な決断をしたりするのであれば、傍目にも分かりやすく「ああ、何か障害でもあるのだろう」と分かるのでしょう。

うつ病には症状に波があるのも特徴だったりするので、波の合間には普通に判断が出来ます。

傍目には、大したことない平凡な判断の為に延々迷う、優柔不断な人に見えます。

「なんだよ、やたらと待たせるから凄いアイディアでも出してくるのかと思ったら、全然普通じゃん。なに時間かけてるの?さっさとやれよ」
なんて思われてるんだろうなあ。
本当は本人が一番分かっているし、歯痒いんですけどね。

スペック自体はごく普通なのだけれど、しょっちゅうフリーズしたり、フリーズしかけて異様に処理が遅くなるパソコンを思い浮かべて頂くと、実態に近いように思います。

LINEで送る
Pocket

うつ病の「決断出来ない」は、素晴らしい決断をしようとして迷ってる訳ではない」への2件のフィードバック

  1. 通りすがり

    いつも拝見させていただいております。

    アダルトチルドレンのこと、すごくよくわかります。
    現在母は精神入院中で、こちらはむしろ助かっていますが、いずれ帰ってくるかと思うと気が重いです…
    母の場合は間違いなく薬害だと確信しておりますが。

    かくいうこの私(男です)もベンゾの依存がありそうな、かと言って控えると元の症状が出てくるという日々を送っております。
    ————————————-
    本題はここからなのですが、その昔明治時代より前の時代?とかだったら、例えば我々のような人間は、周りの人に『山に山菜採りに行くよ』なんて言いながら崖から飛び降り自殺することもできたのではないかと最近考えます。
    いちいち詳しく調べないでしょうから、自殺だとは気づかれず、アイツは幸せだったけど不幸な最期だった。で終わったんでしょうか… あの世で元気でやれよー とか言われながら。

    現代社会は自由なようで、実はガッチガチに死因を調べられて、司法解剖でどうのこうの、体内からベンゾが検出なんてことまでわかってしまうし、人知れず行方をくらまして…なんてのも難しいし、家族や子孫に迷惑がかかる うんぬんで実は全く自由度がない気がします。

    ただ、その昔は知識もないので騒ぎまわって気がふれて、あれよと村八分になっていた可能性も十分ありますが…

    そんなことを感じましてついコメントをお送りしてしまいました。
    お互い未来が重いですが、あと20年ぐらいで、人工知能が人間の脳を完全に把握してくれて、ピタっと治る、あるいは遺伝子をどうのこうのして、ハイブリット的にしてくれる日を心待ちにして、莫大なお金が掛かるでしょうから少しでも貯めておきたいと願って生きていきたいと思います。
    変な話ですみません、、失礼いたしました

    1. うつリンク管理人 投稿作成者

      ご自身も具合が悪いのにお母様のお世話もなさっているんですね。
      本当にお疲れ様です。

      昔は今ほど情報が素早く回らなかったでしょうから、
      原因不明の死はあったでしょうね。
      死、特に自殺は忌避されて犯罪者と同格であるかのように扱われてしまうのは
      常々理不尽な気はしています。

      うつ病の人間だけではなく、今はALSなどの患者さんで
      身体が全く動かず意思疎通が全く取れないのに延々生かされている方がいたり(閉じ込め症候群)
      本人の意思も確認できないまま胃ろうで延々生かされている方がいたり・・・
      長寿社会の裏では辛い生を強いられている人も多いと思うのです。

      「死は悪!禁忌!!」
      と忌避して思考停止するのではなく、もっと選択肢としての死が議論されていいと思います。

      一方で、現代であれば身体が不自由でも
      家電や通販でなんとか生活していけますし、
      テレビで気晴らししたりネット越しに多少のコミュニケーションも出来ますが
      昔なら水汲みから煮炊きから重労働だったでしょうし
      外出できなければ、なーーーーんにもない部屋でじっと寝ているしかなかったと思うと
      ・・・現代の方がまだ生きやすいのかな・・・?

コメントは停止中です。